日本アクションラーニング協会
         
 

プレスルーム

平成17年3月1日 GIALジャパン
GIAL-J 05-01

2005年4月22日、アクションラーニングコーチの認定団体GIALジャパンが
『2005年度GIALジャパン カンファレンス』を開催
〜基調講演カンファレンス&2004年度エクセレント・アワード表彰〜
Global Institute for Action Learning, Japan

組織能力を高めるアクションラーニングコーチ育成と、
日本組織への 実践的導入をサポートするGIALジャパンが、
2005度 特別企画GIALジャパンカンファレンスを開催


GIALジャパン(代表:清宮 普美代 日本本部:港区)は、2005年4月22日、東京 丸ビル カンファレンススクエアにて、「2005年度GIALジャパンカンファレンス」(以下:カンファレンス)を開催します。

GIALジャパンは、日本におけるアクションラーニングの理解と実践を推進する、アクションラーニング手法のリソースセンターとして、2004年1月に設立され、アクションラーニングコーチ(ALコーチ)※1の育成と、日本組織への実践的導入をサポートする活動をおこなっています。 今回のカンファレンスでは2004年度の日本企業による実際の取り組みを振り返る中で、これからの組織におけるアクションラーニング手法の展開を考えていきます。
また、2004年8月に発売された「実践!アクションラーニング入門」(ダイヤモンド社)の著者でもある、マーコード教授をGIAL本部より招き、「アジアにおけるGIALの実践」を基調講演といたします。アクションラーニングは、欧米はもとより、近年では、シンガポール政府をはじめ、韓国の大手メーカーなど、アクションラーニングはアジア各地の企業でも導入されています。自ら、その導入に関わっているGIAL本部ディレクターのマーコード教授を招聘し、アクションラーニングの具体的展開をお話いただき、あわせて日本企業によるプログラムの例を紹介します。

そして、GIALジャパンでは2004年度アクションラーニングを企業内に導入し、効果・実績のあった最も優秀なアクションラーニングプログラムに贈られる『年間ALプログラムエクセレント・アワード』の表彰※2と、2004年新しくALコーチとし認定されたALコーチの認定授与式も並行して開催いたします。

※1 ALコーチ=アクションラーニング手法を組織に導入する際、チーム活動のファシリテートをおこなう人材。欧米のプログラムでは、アクションラーニングをおこなっているチームには、内部育成を含め、経験のあるALコーチがつく。
※2 2005年ALプログラム エクセレント・アワードは、NEC人事部およびNECユニバシティが企画したマネージャー教育プログラム「2Wayマネジメント」のモジュール3チームコミュニケーション


GIALジャパンは同教授とGIAL本部のバックアップと共に、日本におけるアクションラーニングの導入、日本企業の組織力の向上に役立てるよう、数々のコンサルティングを提供いたします。またGIALジャパンは、日本におけるアクションラーニング研究・リソースの拠点となることを、目指します。

◆「2005年度 特別企画GIALジャパンカンファレンス」開催概要
開催日時 平成17年4月22日(金) 18:30-20:30(会場18:15)
開催場所 丸ビル(東京) 8Fカンファレンススクエア room5
(地下鉄大手町駅下車 地下通路を通じて徒歩3分)
参加料 3000円(税込)
または、5000円(税込)「実践!アクションラーニング入門」(2940円税込)をセット
定員 80名
お申込み FAX・ホームページ上で受けつけております。お申込は定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。

◆カンファレンス概要
18:30-18:40 GIALジャパンご挨拶
18:40-19:30 アジアにおけるGIALの実践:世界で広がるアクションラーニング
【講演者】
GIAL本部ディレクター マイケル J.マーコード教授
(ジョージワシントン大学大学院教授)
19:30-19:40 Q&A
19:40-20:10 日本企業への導入事例:経営会議からマネージャー教育、理念浸透プログラムまで
【講演者】
GIALジャパン代表 清宮 普美代 
(株式会社 ラーニングデザインセンター 代表取締役)
20:10-20:30 GIALジャパン 年間エクセレント・アワード/ALプログラム・アワード2004の発表


◆GIALジャパンについて
GIALジャパンは、日本におけるアクションラーニングの理解と実践を推進する、アクションラーニング手法のリソースセンターとして、2004年1月15日、日本におけるアクションラーニングコーチの育成と、日本組織への実践的導入をサポートするため設立されました。GIALジャパンは、米国におけるアクションラーニングの第一人者、GIAL本部ディレクターであるジョージワシントン大学大学院人材開発学専攻 マーコード教授の長年にわたって培われた体系的メソッドを用い、2004年2月から組織に導入するために活動を開始しています。
GIALジャパンは、米国GIALメソッドを用い、効果的なプログラム設計、導入サポート、そして、ALコーチ養成・派遣をしており、また、AL手法を核にしたパッケージプログラム(チームビルディング・リーダシップ開発)の実施もしています。


●ALコーチ(学習コーチ)の養成・認定プログラム
●アクションラーニング手法とスキルを用いた各種プログラム・チームビルディング/チームコミュニケーションプログラム
●アクションラーニング手法の日本におけるリソースセンター


詳しい情報に関しては、 http://www.jial.or.jp/ をご覧ください。

◆マイケル J.マーコード教授 について
GIALジャパン 顧問、GIAL (Global Institute of Action Learning) ディレクター。
ジョージワシントン大学大学院、人間・組織学/カウンセリング学校人材開発学部教授。米国アクションラーニングの権威。同大学院海外キャンパスディレクター、コンサルティング会社グローバルラーニングアソシエーツ代表、国連スタッフ大学における政策/テクノロジー/学習システム部門上級顧問。ジョージワシントン大学において人材開発学博士号を取得後、独自のセオリーをもとにアクションラーニングを用い人材開発プログラムを完成させる。同大学院で教壇に立つ傍ら政府機関、グローバル企業コンサルティングをおこなう。2002年、アクションラーニングの世界的組織であるGIALをアメリカワシントンDCに創設。



このプレスリリースに関するお問い合わせは下記へ
GIALジャパン  http://www.jial.or.jp/
〒107-0062 東京都港区南青山2-12-12 KP南青山ビル10F
TEL:03-5413-6186
清宮(せいみや)・上島(かみじま)