【印刷用レイアウト】

共通メニュー

お問い合わせ

日本アクションラーニング協会 ALニュースレター 2017年10月号

INDEX

  • 1.速報!株式会社日立インフォメーションアカデミーがWIALベストプラクティスアワード2017を受賞!
  • 2.年次カンファレンス2017 プログラム詳細を公開!
  • 3.Dr.マーコード アクションラーニング アドバンス講座のお知らせ
  • 4.11月開催のLDCイノベーション講座のお知らせ
  • 5.編集後記

1.速報!
株式会社日立インフォメーションアカデミーがWIALベストプラクティスアワード2017を受賞!

この度、10月19日(木)に上海で開催されるWIAL(世界アクションラーニング機構)のグローバルカンファレンス2017において、株式会社日立インフォメーションアカデミーがベストプラクティスアワード2017を受賞することが決定しました。
このベストプラクティスアワードとは、全世界からノミネートされたアクションラーニングを使った事例の中でも、特に独創的で成果が高かったものに授与されます。日本企業がこのベストプラクティスアワードを受賞するのはキリンビール株式会社、立教大学、キヤノン株式会社に続き、4社目となります。ご担当者の株式会社日立インフォメーションアカデミー プラットフォームソリューション部 永田様より喜びの声が届きました。
「清宮さんから受賞の一報をいただいたときは、嬉しいというよりも身が引き締まる思いがしました。このアワードを受賞された日本の名だたる組織の方々に恥じぬよう、今回ご評価頂いた取り組みを更に発展させていきたいと思います。さて、今回受賞させて頂いた私たちの取組みは、2013年に日立のグループ会社同士が合併して発足した株式会社日立情報通信エンジニアリングの一体感醸成施策としてスタートしたものです。当初は全従業員の1割程度の400人の参加を目指していましたが、さまざまな組織の、本部長から主任クラスまでが混在するチームで、現実の事業上の課題について対話するプロセスが、多様な観点の獲得やリソース共有を生み出し、小さなイノベーションを生み出すきっかけづくりとなる場として評価され、これまでに述べ1,000人が参加してきました。2015年からは、更なる多様性を求めて対話のメンバーに立教大学の学生さんを迎えました。参加者からは『初心を思い出した』とか『素朴な問いが本質に触れる機会になった』などの好評価を頂いております。この取組みを実施した結果、新たに見えてきた組織の課題に対してもアクションラーニングを活用した施策を企画・提案し、実施したいと思います。」

永田さんはグローバルカンファレンス当日にスピーチも行いますので、この模様はまたメルマガでもレポートしていきます!お楽しみに!
株式会社日立インフォメーションアカデミーの活動詳細はこちらのサイトをご覧ください。
https://www.hitachi-ia.co.jp/

 

2.年次カンファレンス2017 プログラム詳細を公開!

年次カンファレンス開催まで1ヶ月を切りました!着々と準備を進めております。
今年のテーマである「リーダーシップ×脳科学×アクションラーニング」
今までにない方向性で新しいアクションラーニングを感じられること間違いないので、ぜひ、この機会をお見逃しなく!下記にプログラム詳細を掲載いたします。

<年次カンファレンス2017>

プログラム

13:00 開演
ご挨拶 日本アクションラーニング協会 代表 清宮 普美代
13:10~14:30 基調講演 脳科学が提示するアクションラーニングの可能性(仮)
マイケル J マーコード教授(ジョージワシントン大学 教授/WIAL創設者)
14:30~14:40 休憩
14:40~15:40 創造性を向上させるカギ:カヤック流ブレスト×アクションラーニング
宍戸 幹央氏(マインドフルネス・ラボ代表/鎌倉Zen2.0主催者)
柳澤 大輔氏(面白法人カヤック 代表取締役)
清宮 普美代(日本アクションラーニング協会 代表)
15:40~15:50 休憩
15:50~16:20 若年層にみるリーダーシップ開発とアクションラーニング
~大学教育現場からのレポート~ 立教大学、早稲田大学、京都教育大学 認定学生ALコーチの活躍
日向野 幹也氏(早稲田大学 教授) 
鄭 秀娟氏(立教大学 特任准教授)
16:20~16:40 学生ALコーチ表彰式
16:40~17:00 クロージング
17:15~19:15 懇親会

 

開催日時:2017年10月18日(水)13:00-17:00 懇親会 17:15-19:15
開催場所:東京大学 福武ホール
(東京都文京区本郷7-3-1
都営大江戸線、 本郷三丁目駅、 徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線、 本郷三丁目駅、 徒歩8分)
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/
参加費:AS会員 1000円 / 一般 3000円
※懇親会費は別途3000円頂戴いたします。

 

お申込みはこちらから
http://www.jial.or.jp/event/2017canf.html

 

3. Dr.マーコード来日! アクションラーニング アドバンス講座開催決定!

本年、久しぶりにWIAL(World institute for action learning)創設者のマーコード博士が 来日いたします。そこで、アクションラーニング手法の権威である、マーコード博士自らによる、 上級アクションラーニング講座であるアドバンス講座の開催が決定しました。
アクションラーニングの基本概念、背景にある基本セオリーを紹介しながら、世界での最新の潮流と実践例を交え、1日限定のワークショップを行います。
全編英語で実施。(通訳あり。)少人数でマーコード博士とともにダイレクトに対話を深め、アクションラーニング実践の最先端に触れられる、とても刺激的なワークショップです。
ぜひ、この貴重な機会にご参加下さい!

 

■概要■
日時:2017年10月17日(火)10:00-17:00(昼食あり)
場所:株式会社ラーニングデザインセンターセミナールーム
(東京都港区愛宕2丁目5番1号 愛宕グリーンヒルズMORIタワー5階
http://www.ldcjp.com/company/about.html
参加費:1名 54000円(税込)
AS会員 1名 32,400円(税込)
申し込み方法:下記ウェブページのお申し込みフォームからお申し込みください。
http://www.ldcjp.com/seminar/20171017.html

 

4. 11月開催 第4回 LDCイノベーション講座 
時代を先駆ける「ITジャーナリスト」の視点
人工知能の切り開く時代の生き方とは?

ほぼ毎月、連続開催中のLDCイノベーション講座。
毎回、エッジの効いた多彩なゲストをお招きし、好評いただいております。
次回11月開催のLDCイノベーション講座のゲストはITジャーナリストの湯川鶴章氏をお招きして 「時代を先駆ける「ITジャーナリスト」の視点 人工知能の切り開く時代の生き方とは?」という タイトルでお送りします。これからの時代に避けては通れない話題“AI”。
新進気鋭のAIアーキテクトに経験豊富な湯川さんがわかりやすく、現在の動向と未来の行く末についてお話してくださいます。貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。
開催概要はこちらです。

 

<開催概要>
日 時 2017年11月10日(金)18:30~20:30
会 場 LDC会議室または都内会議室
参加費 5,400円(税込)
お申込方法 お申し込みはこちらよりお願いいたします。

 

湯川さんの詳しいプロフィールはこちら

TheWave湯川塾・塾長。大阪の高校を卒業後、渡米。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2005年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立、ブログメディアTechWaveを創業。2013年から、編集長を降り、新しい領域に挑戦中。「2歩先の未来を読む」をテーマにした少人数制勉強会TheWave湯川塾を主宰している(http://thewave.teamblog.jp/)。代表的な著書に「人工知能、ロボット、人の心。」(2015年)、「次世代マーケティングプラットフォーム」(2007年)、「ネットは新聞を殺すのか」(2003年)などがある。
湯川さんの活動はこちらのfacebook pageでご覧いただけます。
https://www.facebook.com/thewave.jp/
湯川さんの運営する「2歩先を読むブログメディア The wave」はこちら 
http://thewave.teamblog.jp/

 

5. 編集後記

猛暑だった夏から突然、秋の気候になりましたね。皆さんはどんな秋を過ごされますか?私は読書の秋にしたい今日この頃です。どうか皆さんが爽やかな秋を堪能できますように!
(藤田)

 

このページの先頭へ

パブリックセクターマネジメント研究会

高等教育や医療、自治体における組織変革やマネジメントについての討議や研究の情報をメールでお届けします。

入会希望はこちら

メールマガジン

世界のアクションラーニング最新情報、日本AL協会公認のイベント、プラグラム情報をお届けします。

購読はこちら