日本アクションラーニング協会
         
 

事例研究会レポート

開催概要はこちら

去る7月20日(木)、丸ビル7Fコンファレンススクエアにて、GIALメンバーズ研究会を開催しました。通常はクローズで開催されるメンバーズ研究会をセミオープンにて開催。メンバーズ方々以外にも幅広くご参加頂き、41名のご来場を賜りました。 この場を借りて改めて皆様に御礼申し上げます。

主なプログラム内容
<事例発表1> アクションラーニングを活用した人材育成型メンタリング
株式会社NTTデータ経営研究所
アソシエイトパートナー 田添 忠彦氏
<事例発表2> 製造業エグゼクティブ研修におけるAL事例
株式会社ヒューマックス
副社長 藤田 完二氏

photoGIALジャパン代表の清宮より、6月にカナダ・モントリオールにて開催された「グローバルフォーラム2006」のご報告を行った後に、GIALメンバーズの田添、藤田両氏のAL活用事例についてプレゼンテーションを行いました。

photo田添氏の事例では、ALとメンタリングの相補関係への着目やメンタリングプログラムにALを取り入れる事例などを紹介。既にメンタリングを導入している企業の参加者の方からは「ALを活用してメンタリングを効果的にするというヒントを得られた」との声がありました。

photo一方、藤田氏の事例ではある企業の執行役員を対象として、リーダーシップ開発や経営環境の変化への対応を意識したALの活用事例でした。参加者の方々からは「自社のサクセッションプランニングの参考にしたい」「継続して展開していくことの重要性を認識できた」との声を頂戴しました。

次回のAL事例研究会は、10月19日(木)を予定。
教育現場におけるAL導入事例をご紹介します。乞うご期待!