【印刷用レイアウト】

共通メニュー

イベント&ニュース

イベント&ニュース

日本アクションラーニング協会 エクセレントプログラムアワード(優秀プログラム賞)2011

エクセレントプログラムアワードについて

目的

アクションラーニング(マーコードモデル)で組織を活性化させた組織・団体・個人を表彰し、卓越したアクションラーニング(マーコードモデル)事例を公表することによって、その理解を深め活用を促進する。

審査要領
■ 審査方法
審査チームを結成して合意審査を行い、判定委員会で判定委員がアワードを決定する。
■ 審査委員
  • ジョージワシントン大学大学院 教授/国際アクションラーニング機構(WIAL)代表
    マイケル・J・マーコード
  • NPO法人日本アクションラーニング協会 副理事長
    関東学院大学 教授 大住 莊四郎(おおすみ そうしろう)
  • NPO法人日本アクションラーニング協会 理事
    南山大学人間関係研究センター 准教授 中村 和彦(なかむら かずひこ)
  • 日本アクションラーニング協会 代表
    清宮 普美代
■ 審査基準
プログラムの目的性、プログラムの難易度、プログラムの独自性とプログラムの成果を考慮しアクションラーニング活動の卓越性を審査する。
目的性 ・ 対象組織のニーズや特性を把握した上で設定されている。
・ 対象組織のニーズや特性を反映したものである 。
・ プログラムの内容は、目的との合致している。
プログラムの成果 ・ 成果を図る工夫や努力がされている。
・ 具体的な成果を提示している(行動の成果、学習の成果、課題の成果)。
・ 具体的な成果が出ている(行動の成果、学習の成果、課題の成果)。
独自性 ・ 対象組織の課題の質を考慮にいれた独自の取り組みが見られる。
・ 対象組織の成熟度を考慮にいれた独自の取り組みが見られる。
・ 他の手法とアクションラーニングを効果的に組み合わせている。
評価者
  • 審査委員長 : 日本アクションラーニング協会代表
  • 審査委員 : 日本アクションラーニング協会代表が任命した特別会員
  • 判定委員 : 日本アクションラーニング協会代表が任命した者
表彰要領

日本アクションラーニング協会がアワードを表彰する。

過去の受賞者
2005年
階層別課長研修 2ウェイマネジメント研修(NEC&NECラーニング)
2006年
レクサス理念浸透プログラム(トヨタ自動車)
2007年
シニア・チェンジマネジメント・プログラム(富士ゼロックス総合教育研究所 &富士ゼロックス)
2008年
変革エージェント研修(アクサ生命保険)
2009年
新任営業マネージャー研修(日本ベーリンガーインゲルハイム)
2010年
エクセレント・プログラム・アワード
JIAL Excellent Action Learning Program Award 2010
受賞認定プログラム
Award Program
「質問会議」プログラム
Shitsumonkaigi Program
受賞者
Award Winners
キリンビール株式会社
Kirin Brewery Company, Limited
参加人数
Program Participation
300名以上/20部署
2009年1月250名/11~12月100名、他
活動期間
Program Period
2009年1月~現在
January 2009 ~ Present
表彰理由
Selection Reason

組織開発プロジェクトのなかに、アクションラーニングを組み込んだプログラムは現場力向上に効果を生み出した。段階的組織開発フェーズのなかで、ALセッション(=質問会議)を全社に展開し、定着を図っている。自社のビジョン浸透、文化との融合において、アクションラーニングの組織開発活用へのモデルを示した。

プログラム詳細
Program Details

2009年1月個人の成長・チーム力アップフォーラムにおいて、約250人にアクションラーニングセッションを実施。プロジェクト本部に本プログラムの核となる認定ALコーチを養成し、シニアALコーチが質問会議コーチ(企業内ALコーチ)を育成しながら、全社への展開をはかっている。全社での展開は、各部署から、手あげ方式で集まった組織開発プロジェクトメンバーを中心におこなった。個人の成長に焦点をあてるコーチイング、そして個人では解決できない、チームとして取り組むべき問題を質問会議で取り扱いながら、現場における問題抽出力、設定力、実行力をあげている。

2011年度 エクセレントプログラムアワード 大募集!

募集要領
  • 応募要件:日本アクションラーニング協会認定プログラムであること。
  • 応募方法:自薦、他薦どちらでも応募可能です。
    所定の申請項目を記載した申請書提出によって日本アクションラーニング協会宛に応募する。(自由フォーマット)
    応募は、下記<お問い合わせ>フォームよりご連絡下さい。
    追って、事務局よりご返信させていただきます。
    応募期日:締切日:2011年 9月 30日(金)
  • 審査ステップ

申請書提出→協会審査チームによる審査→審査委員会→決定→アワード表彰式の開催(2011年11月9日を予定)

お問い合わせはこちら

このページの先頭へ

パブリックセクターマネジメント研究会

高等教育や医療、自治体における組織変革やマネジメントについての討議や研究の情報をメールでお届けします。

入会希望はこちら

メールマガジン

世界のアクションラーニング最新情報、日本AL協会公認のイベント、プラグラム情報をお届けします。

購読はこちら