【印刷用レイアウト】

共通メニュー

イベント&ニュース

イベント&ニュース

アクションラーニングコーチ アドバンス講座(スーパービジョン)


アクションラーニング(AL)コーチ、また、組織内にALを展開したり、ALコーチ育成をしているシニアALコーチ、必見の講座です!

昨年末、「実践!アクションラーニング入門」(マイケル・マーコード著)が全面改訂されました。日本未翻訳ですが、本講座ではアップデートされた部分とグローバルで実践的に活用しているツールを中心に、最新のアクションラーニングメソッドを3回に分けてご紹介します。

本シリーズ講座においては、日本アクションラーニング協会(WIAL-Japan)代表の清宮がアクションラーニングを実践するうえで、重要なモデルや最新のスクリプトを紹介しながら、参加者自身がALコーチスキルを振り返る機会を設定いたします。また、各回に海外で活躍するALコーチをサポートに迎え、最新のトレンドやツールの紹介をおこないます。
参加者は、ALコーチとしての自分を俯瞰し(スーパービジョン)、フィードバックを受けることにより、より熟練したALコーチとして開発プランを作成することができます。

また、本シリーズ講座を修了し、所定の基準をクリアされますと、国際アクションラーニング機構(WIAL)より、グローバルに活躍するALコーチとしての認証が受けられます。日本以外でアクションラーニングを展開されたい方には最適です。

※WIAL 認定申請に関しては、所定水準に達していると認められ、シリーズ2日以上ご参加いただければ可能です。

講座の特徴

講座の特徴

こんな方にお勧め・・・

  • ALコーチ、シニアALコーチとしてのスキルをUPしたい方
  • 最新のツールや資料をもとに、より深くALを理解したい方
  • グローバルな環境でALコーチとして活躍したい方

プログラム概要

■Foundation-基礎(Day1)
日時 2012年3月14日(水) 10:00-17:30
会場 こどもの城 研修室906号
内容 リーダーシップ開発
―アクションラーニングコーチの質問:リフレクション
―リーダーシッププログラムとアクションラーニング
特典 ◇追加スクリプト:リーダーシップ開発スクリプト
◇質問のフレームワーク
講師 清宮 普美代 (WIAL-Japan 代表)
ゲスト Dr. Garry Luxmoore (WIAL-Australia代表)
その他 逐次通訳付き
AL活動ポイント付与対象講座

■Implementing-実践(Day2)
日時 2012年7月10日(火) 10:00-17:30
会場 東京23区内 会議室
内容 チーム開発
―組織開発(OD)とアクションラーニング
―組織開発プログラムにALを入れる
―リーダーシップ開発プログラムにALを入れる
特典 ◇チーム発達ステップ別チーム開発をする質問リスト
◇クリティカルリフレクションを誘発する質問リスト
(リフレクションを誘発する段階別質問)
講師 清宮 普美代 (WIAL-Japan 代表)
ゲスト 鄭 秀娟(チェン ショウジェン/WIAL-Taiwan代表)
その他 AL活動ポイント付与対象講座

■Best Practices-ベストプラクティス(Day3)
日時 2012年11月7日(水) 10:00-17:30
会場 東京23区内 会議室
内容 ALコーチの質問(クリティカルリフレクション)
―システム思考と問題解決
特典 ◇WIALグローバルALコーチ認定証
◇資料:実践アクションラーニング入門改訂版「アクションラーニングコーチ」
講師 Dr. Marquardt (WIAL-World Headquarters 代表)
サポート 清宮 普美代 (WIAL-Japan 代表)
その他 逐次通訳付き
AL活動ポイント付与対象講座

※内容は予告なく変更となる場合がございますので、予めご了承ください。

受講費用

【アクティブステイタス会員の方】

■1講座:63,000円(税込、昼食代込)
■3日セット申込:189,000円(税込、WIAL認定申請代、昼食代込)

【非会員の方】

■1講座:94,500円(税込、昼食代込)
■3日セット申込:241,500円(税込、WIAL認定申請代、昼食代込)

【共通】

■WIAL認定申請:52,500円(税込)
※3日間セットを申込の方は不要です。
※WIAL認定申請は、シリーズ2日以上ご参加いただければ可能です。

お申込み方法

【お申込みの手順】

お申込みフォームに必要事項を入力してお申込み下さい。
 定員状況などを確認後、事務局よりメールで確認のご連絡をいたします。
・その後、ご指定頂いた住所へ請求書を送付させて頂きます。
 請求書に記載された期日までに、指定口座に講座受講料をお振込みください。
※期日までにご入金がない場合、キャンセル処理をさせていただくことがありますのでご注意ください。
・講座開催の1週間前に受講案内書を電子メールにてお送りさせて頂きます。

【変更・キャンセルの取扱い】

お申込み後、日程変更をされたい場合は、開催の2週間前までにご連絡ください。
2週間を切ってのキャンセルは、全額申し受けることになりますのでご注意ください。

ゲストプロフィール

■Day1ゲスト
Dr.Garry Luxmore

WIAL-Australia 代表
IMCA(The International Management Centres Association )の企業研究学部長
WIALグローバル シニアALコーチ

ボンド大学修士号、オックスフォード大学博士号取得。20数年にわたる組織課題の解決、人材開発分野におけるプロフェッショナルコンサルタント。2008年、オーストラリアにてWIAL- Australiaを創設、代表をつとめる。自身のコンサルティング会社をもちながら、ロンドン、オークランド、オーストラリアを拠点に活躍し、アクションラーニングを南アフリカでも展開している。
専門領域は、企業戦略・サービスマーケティング・交渉術。

Dr.Garry Luxmore

■Day2ゲスト
鄭 秀娟 (チェン ショウジェン)

WIAL-Taiwan 代表
行動学習株式会社代表
WIALグローバル ALコーチ

東京大学博士課程修了。行動学習株式会社を創立、台湾WIALを立ち上げ、台湾のアクションラーニングの普及に大きく貢献する。台湾を拠点にしながら、日本と中国にも活躍している。アクションラーニン グのほかに、コーチやファシリテーターとしても、評価が高い。

<主な翻訳書>
実践アクションラーニング入門
「チーム脳」のつくり方

マイケル・J・マーコード教授

■Day3メインスピーカー
Dr. Michael J.Marquardt.

ジョージワシントン大学大学院 人材開発学部 教授
WIAL(World Institute for Action Learning、国際アクションラーニング機構)代表

ジョージワシントン大学大学院人材開発博士号を取得後、組織開発コンサルタントとして多数の組織に関わる。実践のなかから独自の理論のもとに、アクションラーニングを用いた人材開発プログラムを完成させる。米政府やグローバル企業など、世界で50以上の組織への導入実績をもつ。2002年にWIALの前身であるGIALをアメリカ・ワシントンに創設。著書多数。その多くは、多言語に翻訳されている。

<主な著書>
「実践アクションラーニング入門」ダイヤモンド社 2004年
「Building the Learning Organization : Mastering the 5 Elements for Corporate Learning」Davies-Black Publishing 2002年

マイケル・J・マーコード教授

講師プロフィール

東京女子大学文理学部心理学科卒業後、㈱毎日コミュニケーションズにて数々の新規プロジェクトに従事後渡米。ジョージワシントン大学大学院人材開発学修士(MA in HRD)取得。 帰国後、(株)ラーニングデザインセンター設立し、国内唯一となるALコーチ養成講座を開始。また、主に管理職研修やリーダーシップ開発研修として国内大手企業にAL導入を行ない、企業内人材育成を支援。数千人に及ぶ経営幹部、マネージャーへの研修実績がある。2011年1月 世界アクションラーニング機構(WIAL)認定日本人として初めての快挙である、マスターアクションラーニングコーチに就任。

清宮普美代
日本アクションラーニング協会
代表 清宮普美代

このページの先頭へ

パブリックセクターマネジメント研究会

高等教育や医療、自治体における組織変革やマネジメントについての討議や研究の情報をメールでお届けします。

入会希望はこちら

メールマガジン

世界のアクションラーニング最新情報、日本AL協会公認のイベント、プラグラム情報をお届けします。

購読はこちら