【印刷用レイアウト】

共通メニュー

イベント&ニュース


認定学生ALコーチとは?

WIALの正規トレーニングにのっとり、大学のなかでアクションラーニングを展開するために養成された、一定基準を満たすALコーチ。その認定は、グローバルレベルで認識可能。あくまでも「学生」=大学生のステイタスがある期間にかぎられるが、その活動は、大学内のプログラムのサポートから、他組織の展開におけるサポートなど多岐にわたることが期待されている。

 

WIALとは?

世界アクションラーニング機構 アメリカ ワシントンD.C.に本部をおき、ジョージワシントン大学大学院 マーコード教授の手法をもとに、アクションラーニングの普及・発展を促進している機関。独自のアクションラーニングを展開するために必須であるALコーチのトレーニングにおいて定評があり、ALコーチ認定をおこなっている。現在、世界に21の提携機関がある。
http://www.wial.org

News!WIALのALコーチ認定の威力!

アメリカ政府機関の業務をALコーチとしておこなうためには、WIALでトレーニングを受け、3年以上の経験と認定をもっていることが必須
"Action-learning coaches shall be trained and familiar with the Marquardt models and have three (3) years of experience using specific World Institute for Action Learning (WIAL) facilitation processes in the government and/or private sector"

 

日本アクションラーニング協会

WIALの世界中にひろがる提携機関のなかで、最も古いもののひとつ。2006年設立。日本における、WIAL手法(=質問会議®)の普及・発展を促進しており、企業、組織へのアクションラーニング導入をサポートしている。日本において500名以上の認定ALコーチを輩出。

 

ALセッション(質問会議)の効果

・大学生が自ら、主体的に物事にかかわるようになる

・役割期待とはまたちがう、ひとりひとりそれぞれが自分としてのリーダーシップを発揮する

・学生同士の関係性が深まり、つながりが強まる

 

講師紹介

開催概要

日時 2016年5月21日(土)14:00〜17:30
会場 立教大学 一号館2階 1203
住所:〒171-8501 東京都豊島区 西池袋3丁目34−1立教大学 池袋キャンパス
内容 ①WIALと学生ALコーチ認定について
NPO法人日本アクションラーニング協会代表/
株式会社ラーニングデザインセンター会長 清宮 普美代
②学生ALコーチの育成プログラム紹介
台湾アクションラーニング協会代表/立教大学経営学部 特任准教授 鄭 秀娟
③学生ALコーチ認定セッション1、2 + グローバルALセッション
④学生ALコーチ認定セレモニー 
⑤これからの学生ALコーチの活躍について
対象 学生がALコーチを実施するセッションに参加されたい方
(大学、企業内でAL導入を考えているかた、興味を持っている方)
参加費 無料
定員 30名

WIAL-Philippinesの理事 Leo氏による、英語によるALセッションも可能です。
※グローバル版は限定5名の募集です。
※申し込み多数の場合は抽選となります。
申込み 事前予約制 下記のボタンよりお申し込みをお願い致します。
受付を終了いたしました。
主催 NPO法人 日本アクションラーニング協会 http://www.jial.or.jp
後援 株式会社ラーニングデザインセンター/立教大学 経営学部 BLP・GLP事務局
お問い合わせ先 株式会社ラーニングデザインセンター http://www.ldcjp.com
〒105-6205 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー5F

※質問会議 は、株式会社ラーニングデザインセンターの登録商標です

このページの先頭へ

パブリックセクターマネジメント研究会

高等教育や医療、自治体における組織変革やマネジメントについての討議や研究の情報をメールでお届けします。

入会希望はこちら

メールマガジン

世界のアクションラーニング最新情報、日本AL協会公認のイベント、プラグラム情報をお届けします。

購読はこちら