【印刷用レイアウト】

共通メニュー

アクションラーニングとは

ALキーワード あ

アクション(行動)

アクションラーニングの基礎となる6つの構成要素のひとつである。アクションラーニングプロセスにおいて、行動は経過点であり、行動の結果をチームにフィードバックすることから新たなサイクルがはじまる。人は、行動したときに一番学ぶ。そして、アクションラーニングにおけるチームプロセスは、行動を一際後押しするものとなる。

アクションラーニングのチャンピオン

組織でアクションラーニングを行う場合、必ずアクションラーニング活動を擁護してくれる人物=チャンピオンが必要である。多くの場合、この擁護者はトップマネジメントである。グループ活動を行う際、情報や特別なサポートが必要となる場合がある。このような時に精神的、実務的にサポートすることが求められる。もちろんアクションラーニングについてよく理解している必要があるが、チームセッションに出席する必要はない。

アクティブリスニング

チームセッションにおいて各メンバーに求められるスキルの1つ。コミュニケーションは2方向のプロセスであり、もしも相手の発した言葉を理解していなければコミュニケーションは成立しない。大抵はメッセージの送り手である話者の責任に焦点を当てがちで、聞き手の責任を忘れがちである。
しかし効果的なコミュニケーションとするために、聞き手が心がけるスキルがある。例えば、(1) ボディランゲージに注目する、(2) 言い直し、言い換えをする、(3) 暗示しているものを考慮する、(4) 会話の流れに注意を払う、(5) 言葉の背後にある感情を受け止める。このようなスキルを行うことで、チームセッションが効率的に運営できる。

インディヴィデュアルラーニング(個人学習)

アクションラーニングは個人学習、チーム学習、組織学習すべてを促進する。 特に、チーム学習の雛形といわれているアクションラーニングであるが、それを支える個人学習における効果も高い。アクションラーニングプログラムで開発される主な個人能力は、質問力、傾聴力、共感力、思考力、フレーム打破力等が挙げられる。

エンパワーメント

ALコーチにとって重要な知識、能力の一つは、「エンパワーメント」の意味を理解し、実践できることである。そのためには、まず、チーム、そしてチームメンバーの潜在的な能力を信頼することから始まる。チームが問題を解決していくなかで、チームが、メンバーたち自身が、必ず問題解決にいたる潜在能力を持ち、それによって彼らが抱える問題を解決できることを信じること。そして、ALコーチには、チームメンバーたちが本来の力を発揮し、創造的な解決ができるように力づけていくための努力が求められる。

オープンな質問

アクションラーニングのチームセッション(チーム討議)ではチームメンバーによる質問、ALコーチによる質問がセッション運営上、鍵となる。
質問の目的は問題解決プロセスを促すことと問題を解決するメンバーの関係をより良くし、チームで問題を解決していく過程でのチーム構築を可能にしていくことの二つといえる。その目的のために活用される質問形式は多様だが、効果的な質問形式の一つとして、「オープンな質問」が奨励されている。
質問を受けた相手やチームが、どのように答えるかをかなり自由に決められる質問である。誘導的、尋問的な質問形式ではなく、アクションラーニングにおいてとても大切に考えられている質問、つまりメンバーやチームが、問題やチームの状況についてより深く、内省的に考えることができる質問となりやすいのがこのオープンな質問形式といえる。

オープンマインド

アクションラーニングに参加するすべてのメンバーに求められる態度および資質であり、アクションラーニングを通じて養われる。広い視野に立ち、方向性を認識し、多様な可能性に対して、真にオープンであることが非常に大切である。何に対しても率直に耳を傾ける態度は、答えを出すことより、質問することに焦点を当てるために必要である。

このページの先頭へ

パブリックセクターマネジメント研究会

高等教育や医療、自治体における組織変革やマネジメントについての討議や研究の情報をメールでお届けします。

入会希望はこちら

メールマガジン

世界のアクションラーニング最新情報、日本AL協会公認のイベント、プラグラム情報をお届けします。

購読はこちら